えっちゃんの『あんじゃねぇさ』

居酒屋越百二代目えっちゃん日記。駒ヶ根の情報もアリますょ。

松茸~本日の封切~

化粧品売り場のサンプルで、一通り化粧をして帰ったえっちゃんです。

今の化粧品ってスゴイのね人気ブログランキングへ



三重県 酒屋八兵衛 純米 600円
静岡県 杉錦 生酛純米 700円
愛知県 夢ゆたか 600円


愛知県「夢ゆたか」は、こりゅうさんが仕入れてきてくれました。
「菊石」という銘柄のお酒で主に吟醸をを得意とするお蔵さんだとか。
越百は純米が多いので、わざわざ純米のひやおろしを買ってきてくれたのでした。
でも、せっかくなら得意な吟醸も呑みたいなぁ~。
お味は、今までの越百の味とは少し違いますね。
新しい系統のお酒ですが、もちろんウマーです。
もう少し詳しく書きたいところですが
えっちゃん、口内炎がひどくて実際わかりません。
旨い事はわかるんだけど、後は痛ぇ~~んだもの。

八兵衛のひやおろしは、これで最後になりました。
お早めにどぞ。

さて、駒ヶ根では松茸も終盤になってきました。
今朝も我が家は松茸ごはんです。

IMG_0129[1]

母もこんなに松茸ごはんを作ったことはないようで
すでにオリジナルの黄金率を発見したようです。

米2合、薄口醤油大さじ2、酒大さじ1、松茸盛りだくさん、油揚げ少々

を混ぜて炊くだけ。
本当は、油揚げを入れるのは邪道なんですが
入れると米がパラパラになるじゃんね。
それがどうも好きみたい。
入れないと米同士がくっついちゃうからね。
あたしも実は油揚げは少し入ってた方が好き。
ただし、その場合、米メインだからwww

と、hamaちゃんに言ったら、どうもhamaちゃん家では炊き方が違うという。
松茸と、お醤油とお酒を1回煮て、それを入れて炊くという。
ふ~~~ん。やっぱ各家庭でいろんな作り方があるのね。
ちなみにhamaちゃん家の松茸ご飯はまだ食べた事がない。
きっと、旨いに違いない。

もう、大きな松茸は、松茸ごはんにするか、すき焼きにするかしかないですが
あたしゃすき焼きには松茸よりも「ずぼう」がいいですね。
ちなみに松茸をすき焼きにするときは、めんどうなので洗っちゃいます。
そして、切るのではなく裂く。
先日、越百で松茸のすき焼きをやってくれた宴会メンバーは
松茸の土をふき取って、裂くところまで、全部自分達でやってくれました。
やっぱ、裂いた方が味が染みるカンジがしますもんね。
でも、アタシ的には「ずぼう」ですけどね。

そうそう、そのときに生まれて初めて「松茸のにぎり」という代物を頂いたんですよ。
おすそわけでね。
正直、松茸をわざわざにぎりにしんでもいいのに・・・と
思ったもんですが、
食べてみるとアンタ!
旨いのなんのって!
松茸の甘みと香りが寿司飯と相まって、スバラシイ!!!!!
松茸は、松茸ごはんが1番と思ってましたが
こりゃ甲乙つけがたいですな。
ああ~、もう1回松茸のにぎりが食べたいなぁ~~~。

松茸酒は、軽く炙った松茸のカケラに、
安っすい普通酒をチンチンに沸かしたヤツを注がないと
生臭くなります。
人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

コメント

ええ~~~そうなのぉ~~。
これがまた、縁というヤツですかな。。

地元のお酒を

ありがとうございます
夢豊(ゆたか)を醸している浦野酒造は
車で10分程度の近くですから
蔵開き試飲会へも出掛けたことがあります

全酒ともにラベル表示以上の辛口かな?

おお!
だれか、hamaちゃんに松茸やってぇ~~。

松茸があれば炊いてくよ~。

家の松茸ご飯旨いんだな、炊いて持って行きたいんだけど・・・肝心の松茸が無いんだ・・残念。

松茸さえあればな~~~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kosumo101.blog99.fc2.com/tb.php/1706-e8c0878a

 | HOME | 

文字サイズの変更

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

えっちゃん

Author:えっちゃん
所在:長野県駒ヶ根市中央26-19
0265826240(午前中は勘弁して下さい)
営業時間 18時くらい~22時

登場人物
◎あたし=えっちゃん
◎スタッフ=マコ

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

最近のコメント

ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

グリムス

人気ブログランキング

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あし@

FC2Ad

Template by たけやん