えっちゃんの『あんじゃねぇさ』

居酒屋越百二代目えっちゃん日記。駒ヶ根の情報もアリますょ。

本日の貢物

BSでサッカーを観てるんですが
試合が終ったすぐ後に【Superfly】の曲に合わせて
今やったばっかの試合の内容を編集したものが流れるんですよ。
これがね、何気にカッコイイんです。



人気ブログランキングへ人気ブログランキングへ

本日の貢物

CA3F0727.jpg

凄いんですよ。
なぜか今日は貢物の山。
しかもAll炭水化物www
なかでも岳しゃんの奥さんの手作り「新しょうがの炊き込みご飯」

CA3F0726.jpg

ごめんなさいね。
ほんとは器に持って写メ撮ろうかと思ったんですが
すぐ食べたかったんで(笑

あのね、初めて食べるんです。
ショウガの炊き込みご飯って?
ショウガって炊き込みご飯で食べるものなの?
すごーーーく疑惑。
だってさ、ショウガって薬味じゃんね。
ショウガメインのご飯って?
恐る恐る食べてみる。。。。





旨っーーーーーー




へぇ~、ショウガって炊き込みご飯になるんだねぇ~。
食べるとね、ショウガですから辛いんですよ。
でもね、ご飯がね甘く感じるんですよ。
そしてね、とっても爽やかなんですよ。
これ、お味は塩だけですか?
塩って言っても天然ですよね?
ウマウマウマウマ。。。



あっざ~~~す。


これに夏野菜カレーかけて食べたいッス。
ばっちりグーだと思うんですけどね。
岳しゃんもブログで言ってますが、岳しゃんの奥さんってとってもお料理が上手いんです。
むしろお店やったらいいのに。
3時くらいに毎日ランチしに行きますから。


CA3F0725.jpg


そうそうそうそう。
今日ね、突然イモサラ食べたくなってね。
我が家ではいつも母が作ってくれるのですが
うちの母も岳しゃんの奥さんに負けず劣らず料理は旨いんです。
なので家ではあたしはなにもしません。
でね、イモサラの話。
突然食べたくなったんだけど、家には無い。
しょうがないから作ることにしたんだけど、
作ったことがないのね。
でも、イモサラですから。
どーってことないと思うでしょ?

まぁー母の味には遠く及びませんが上手に出来た方だと思うんですよね。
お客さんに出したら、「うちのはもっとゆるい」って言うんです。
マヨネーズがもっと大量に入ってるとか牛乳で伸ばしてあるとか。
そーなんですよ。
イモサラ。されどイモサラ。
実はカレーと同じくらい各家庭味が違うんじゃないのか?

まずですね、具ですが。
アタシ的には、イモ、まっ当然ですがねw
人参、きゅうり、マカロニ、ホモソーセージ、りんご。

マカロニとホモソーセージは譲れませんね。
シーチキンでもいいちゃぁ~いいですけどね。
あと、トウモロコシとかかぼちゃとか入ってるといいですねぇ~。
でね、マヨネーズで和えるじゃない。
で、食べるときにお醤油をちょびらっとかける。
ここ大事!試験に出るよ!
なので、そのまま食べると味は薄いんですよ。
で、あたしはそれでいいんですが
お客さんだとそれよろしくないでしょ。
じゃぁ~塩気はいれたくないから胡椒だ!ってんで
胡椒入れたら辛いんだわ。
あたし、胡椒苦手なのよ。
でも塩気は少ないから、醤油垂らすけどね。
で、3日目になったらフライパンで焼くと
これまた衣の無いコロッケなんだわ。ウマウマウマウマ

りんごも入れたかったんだけど、好き嫌いがあるからねぇ~。
マカロニサラダの時は、みかんの缶詰でもいいよね!
柿も旨いよねぇ~。


皆さんのお家ではどんなイモサラ?
今度、各家庭のイモサラ持ち寄って
『イモサラ・パーティー』
しましょか?www


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://kosumo101.blog99.fc2.com/tb.php/1521-9f4768e3

 | HOME | 

文字サイズの変更

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

えっちゃん

Author:えっちゃん
所在:長野県駒ヶ根市中央26-19
0265826240(午前中は勘弁して下さい)
営業時間 18時くらい~22時

登場人物
◎あたし=えっちゃん
◎スタッフ=マコ

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

最近のコメント

ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

グリムス

人気ブログランキング

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あし@

FC2Ad

Template by たけやん