えっちゃんの『あんじゃねぇさ』

居酒屋越百二代目えっちゃん日記。駒ヶ根の情報もアリますょ。

6月の酒仙童




酒屋さん丸投げシリーズw
今回は東京のもう一つの酒屋さんです。
前回とは違う酒屋さんね。
東京の酒屋さんはよくお酒の会を開いてるらしく慣れてる感がありますな。

宮城県 日高見 純米大吟醸
岩手県 結の香 純米大吟醸
山形県 瑠璃色の海 純米吟醸
山形県 鯉川 純米吟醸
兵庫県 龍力 無濾過

今回は実は4合瓶で8本頼んだんです。
人数が少なかったので5本になったわけですが
原則的に酒屋さんの指定通りの順番です。

今回は純米大吟醸が2本も入ってたので
量の割にはお得ww
偶然なんですが東北のお酒、そして純米というラインナップ。
世の中、純米ブームなんでしょうか?

そして今回の酒屋さんのこだわりは【酒米】
酒米の違いで楽しんで下さいとのことと受け取りました。

山田錦
結の香
雄町
出羽ノ里
神力

山田と雄町しか知らんしw
出だしから割とサラッと飲めます。
酒仙童のメンバーですから、なにを持って来てもサラッと飲むでしょうけどw
鯉川まではサクサクと飲み干して行きます。
時間にして1時間ちょっと。
そして龍力。
ここでガツンときた!
エライ!
酒屋さんエライ!
ここでこれを出す?
この後のお酒をみるとたぶんサラッといくんじゃないかと思うんだけど
ここで心なしか手が止まる。
そうそう。
ゆっくり飲まなきゃww

どうやらこれにて終了の気配を感じ
はい、ここまでよ。
いゃぁ~、今回も旨かったねぇ。
あと3本のうち2本は実は飲んだことあるヤツ。
残る1本はこれは!瓶からして飲んでみたいヤツ。
ふつーに白板に出しますから飲んでみて下さいね。
それにしてもこの企画は面白い。
酒屋さんGJ!



人気ブログランキングへ

本日の封切



和歌山県 熊野 純米吟醸 700円


面白いお酒が開きました。
なんというか、山田錦なんですが
どーしたらこーいうお酒が作れるのでしょう?
協会1401号って書いてありましたが、
こいつのせいですか?
あたし的に【旨い!】と思うんですけど、これはハッキリ別れますね。
熊野と書いて「ゆや」と読みます。
温度は低い方がオススメです。

ところで今年の特純飲んだ?




旨くね?



人気ブログランキングへ


そして最近の純米も。


旨くね?

たま子Tシャツ出来た!



届いたよ!



人気ブログランキングへ

思い出話 つづき





人気ブログランキングへ

2001年の2月、第1回喬駒会が開催されました。
雪が積もってましてね、その雪を掘ってロウソクを立て、お客様の足元を照らすようにそれはそれは幻想的な風景でしたよ。
当時はヤル気マンマンでしたねw

心配していたお客様の入りもお陰様で400人を超え、自腹を切らずにすみました。
第一印象の喬太郎師匠はなんだか暗いw
テレビで観るいわゆる芸人さんって普段から明るいもんだと思いましたから
「だっ…大丈夫か…?」
そんな心配なんぞ入りませんでしたよ!
一度公演が始まれば爆笑の嵐。
お客様もすっかりファンになってしまいました。

この日の演目は、時そばと錦の袈裟。
越百が蕎麦を出してる店だということ、で、開演前にお蕎麦をお出ししたこと、会場がお寺だったこと、きっとそういうわけでこの演目になったんだと思います。

でね、マクラでね、師匠が
「会社員の方は連休を楽しみにしていていいですね。芸人なんか仕事が無ければ連休なんです。私なんか…21連休w」
とか言うもんですから、こりゃ気の毒だ!と思って、その年の12月にもう1回喬駒会を開催したんです。

違う噺家さんが同じマクラを言った時はショックでしたね。
ああ~ネタだったんだ。って。
それくらい落語を知らなかったんですよ。

それからはチケット売るのは楽でしたね。
もう、あの面白さを聴いてしまってますから「絶対面白いから来て!」って言えるんです。
そのうち、告知するだけでお客様が来られるようになりました。

もう12年たったんですねぇ。
この間、丸山さんが亡くなられ副会長が代わり、マスター失踪事件wがあり事務局が代わり、転勤やらなんやらでメンバーの入れ替わりもあり今に至ります。

このメンバーは越百の常連さんってわけでもないんですよ。
常連さんもいますけど、1年に1回この会の時だけお会いする人もいます。
まったくねぇ~ww会を開催する前に会合を開くんですけど、まーず集まらないww
遅刻は当たり前wチケットとポスターの用意が出来たら呼んで。みたいな。
でもね、きっちりチケットを売ってくれるんだなぁ~。
当日もそれぞれ自分の持ち場をやってくれるし、こういう仲間も珍しいですよww
しかもなんの見返りも無くやってくれるんです。
年齢はいろいろですけどいい仲間です。
なんかお礼がしたいなぁ~。と、常々思っておりました。



人気ブログランキングへ

思い出話

喬駒会



人気ブログランキングへ


喬駒会とは【柳家喬太郎を駒ヶ根に呼ぶ会】の略であります。
今回で14回目、もう10年の余やってるイベントです。
初めは、当時の中日新聞のF記者が越百のカウンターで
「駒ヶ根って冬場になにも無いですよね」
「なんかやりましょうよ」
の一言に先代のマスターが食いつき
なにやろうか?みんなが楽しめるものがいいね。落語なんかどう?
って事ではじまりました。
ついちゃ~どこでやる?ってことになり、あんまり広過ぎてもダメだし、お金かかるのもダメ。お!安楽寺がいいんじゃない?おお!いい!安楽寺がいい!ってことで安楽寺さんにお願いし、当時からこういうイベントごとを多くやっていたご住職のご理解とご協力の元、会場が決まりました。

次はスタッフ集めです。
当時は各新聞記者さん達が仲が良く、中日新聞、長野日報、伊那毎日新聞、CEKの方達を中心にこれで広報はO.K。
照明がいるね。電気屋いないか?とサツキデンキさんをお願いし、ポスター作らなきゃっ!と滝沢グラフィックさんをお願いし、会計は銀行だ!と農協さんに勤めてたお客さんをお願いし、会長がいるね!誰にする?ちょっと地位があってお金持ちがいい!
お!唐沢亨さんはたしか落研出身!
と、唐沢さんにお願いし、副会長は当時の市会議員で、これまた芸術関係に広かった丸山さんにお願いし、そしてこの話を聞いたお客さん達が集まって総勢12人。

最初は資金なんてありませんからチケットを売らなくちゃいけません。
木戸銭はいくらにする?そりゃまぁ~1000円だなぃ。とチケットは最初から1000円と決めてありましたから、ギャラ、ポスター合わせても最低でも200人は集めなきゃなりません。
もし集まらなかったらメンバーが1人10000円出すという約束事をして始まりました。

さて、ここで落語を知ってるのはほとんどいないメンバーばかり。
どーやって落語家さんを呼んだらいいのか誰を呼んだらいいのかギャラはいくらなのかサッパリわかりません。
ところで誰を呼ぶ?って話になり、
実力があって将来有望でギャラが安い噺家はいないか?ってそんな都合のいい人はいないでしょうよw

いたんですねぇ~。
当時、東京新聞に勤めていた記者さんが大の落語好き。
今、若手で有望株。これから絶対名前が出てくる。
真打になりたてだからギャラも安い!
と、いって出てきた名前が柳家喬太郎。

で?誰?
当時はそんな感じでしたね。
インターネットの時代なのに誰も調べようとしないww
い~~ら。その人で。みたいなノリだったはずw

まさかここまで有名になるとは思わなかったですねぇ~。
喬太郎師匠の落語を聴くまでは。
誰だかわかんない人のチケットを売るわけですから、そりゃもう大変。
義理という義理を使いw
だって「絶対面白いから来て」って言えないでしょ?
知らないから。
でもまぁ~もうお祭り騒ぎなのw
メンバーがその状況を楽しんじゃってるんですよ。
お客さんの為とか駒ヶ根市の為とかそんなんじゃないんです。
冬場なんにもないね。っていうなんにもっていうのは自分たちが面白いことないねっていうw
なんかすることがあれば面白いわけですよww
合言葉はたしか・・・

「会長に恥をかかすな!」

だったはずwww
唐沢さんに会長をお願いした以上、少ない人数で恥をかかせてはならない!
もうね、目的がなんなのかwwww

こうして第1回が2月に開催されました。

つづく



なんか岳ちゃんのブログみたいに長いwww
たまにはポチっと↓↓↓


人気ブログランキングへ

柳家喬太郎独演会




第14回になりました喬太郎を駒ヶ根に呼ぶ会、略して喬駒会。
今回は安楽寺さんのイベント、『第33回安楽寺佛教公演会』との合流イベントで入場料無料です。
安楽寺さんのご招待です。

助演に林家二楽師匠、恩田えり師匠をお迎えして今までとはちょっと違った雰囲気で始まりました。

喬太郎「粗忽長屋」
恩田えり「お囃子」
二楽「紙切り」

中入り

喬太郎「野晒し」

喬太郎師匠は、いつものことながら面白かったから省くけどw
紙切りの二楽師匠の面白いことったら!
生まれて初めて紙切りってのを見たんですが、凄い芸です。
紙切るだけだと思ってたんですがw
切りながらしゃべるんですねぇ~。
面白かったですねぇ~。
単独で呼びたいですねぇ~。

さて、次回はいつにしましょう?
近々やりたくなっちゃいましたねぇ。
今度はタダってわけにはいきませんのでまた木戸銭1000円です。



人気ブログランキングへ

味噌作り




突然ですが、このクソ忙しい時になにを思ったのか味噌作りをしました。
前からやってみたかったんですよ。
でも教えてくれる人はいないし、でこの年まで味噌作りをやったことも見たこともありません。

先日、あたしより若いお客さんが味噌作りをしたと話てて、まっ、彼女はデキる女性なんだけど、もしかしたらあたしにも出来るかも!とか勘違いしちゃいましてw

そこへもって米山醤油さんで【手前味噌キット】を売ってるなんて情報が入ったもんだから、ウッカリその気になっちゃったんです。

まず、このキットが安い!



桶と塩と麹と大豆、これで5kgほどの味噌が出来るらしいんですが2450円。
ね?安いでしょ?
失敗してもまぁ~許せる範囲でしょ?w

前の日から大豆を水に浸しておきます。
次の日、ビックリ!




増えてる!www
当たり前なんだけど、それにしても増え過ぎでしょ?
で、これを3~4時間煮る。
あのね、最初、圧力鍋でやったんだけどね、これだけの量、結局、家庭用の圧力鍋だと同じ時間かかっちゃうと判断。
蕎麦茹でる鍋で煮ました。
だって圧力鍋の様子がおかしいんだもの。
圧が抜けるとこあるでしょ?
あそこから黄色い蒸気が!!!
そんねに量入れてないんだけどね。
出来上がりをみたらなんか皮がむけちゃって気持ち悪い様子になってたw
で、鍋で煮だしたら



なんじゃこりゃぁ~!!!!
圧力鍋の中でこんな事になってたのね?
たぶん、アクだと思うんだけど、これがマシュマロみたいで妙に美味しそう。
食べてみた!
甘い!ほう。

先に圧力鍋で煮た豆を食べてみた!
美味い!美味い!美味い!
えええええええー!
大豆ってこんなに美味しかったの?
で、みどりやのおばちゃんに教わった
「昔は煮上がった豆をちょっともらって砂糖と醤油を絡めて食べたもんだわぁ~」
というのをやってみた。

うまい!美味い!美味い!

なんだと!
大豆って美味い!
こんなに美味いならきっと美味しい味噌も出来るハズ!
ウキウキしながら煮上がるのを待つ。

その間に麹と塩を混ぜておく。



ここで注意。
キットに入ってる塩は1kg。
使うのは620g
全部入れたらいけないんだよ!
アブねぇ~。

豆が煮上がったら潰す。
当店にはすりこぎやらポテトマッシャーなどはありません。
聞けばミキサーでできるとの事。




回らん。
おい!どうした?ミキサー!
回らんではないか?
まさかにこの量を手で潰すのか?
まぢか!
それ無理!
どーしよ!






困った時の同業者。
たしかArikaにフードプロセッサーがあったハズ!
慌てて借りてくる。
だがしかし!
豆はね、冷めると潰れないし固くなるんだよ。
でも無いよりマシ!

半分、フードプロセッサーで潰し半分手で潰し
ひずこいたわぁ~(−_−;)



そこに先ほどの麹を混ぜる。
すでに冷めている為、手で混ぜるのも容易じゃない。
体重をかけながら混ぜる!混ぜる!混ぜる!

ヨシ!
今度はおにぎりを作って桶に投げ入れる。
空気が入らないように。



ゲンコツでならしていく。
仕上げは表面に塩をまいて、ラップして重石をする。




ふぅ~。
所要時間煮上がってから1時間。
ミキサーが使えないと知っていればもっと早くできたハズ。

これで6~8ヶ月後には美味しい味噌が出来るハズ!
でも、なんだかもういいや。
美味しくできなくても満足!
煮上がった豆があんなに美味しいってわかってからw
味噌作りって面白い!
来年もまたやろう。

今度は酒作りたいな。



人気ブログランキングへ

業務連絡

明日7日金曜日は、安楽寺で落語会の為、
越百はお休みします。





宮城県 日輪田 純米 600円
青森県 陸奥八仙 吟醸 600円

うめーーーー!!
どっちまうめーーー!!!
もうちょっとしかないけど。

ところで、当店は純米が多く置いてありますがけして純米だけを置いてあるわけではありません。
たまーに出羽桜とか磯自慢とかの吟醸を置きます。

ところで、サンセールさんのお店「酒のかわしま」はたしか純米だけを置いてある酒屋だったはず。
なのでこの陸奥八仙もてっきり純米吟醸だと思っていたのですが、よーく見ると吟醸でした。
こりゃ珍しい。
実に珍しい。
まさか八仙の吟醸が飲めるとは思わなんだ。

そーいうわけで残り少ないですが珍しい吟醸をお楽しみ下さい。

明日は休みだけどね。



人気ブログランキングへ

 | HOME | 

文字サイズの変更

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

えっちゃん

Author:えっちゃん
所在:長野県駒ヶ根市中央26-19
0265826240(午前中は勘弁して下さい)
営業時間 18時くらい~22時

登場人物
◎あたし=えっちゃん
◎スタッフ=マコ

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

最近のコメント

ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

グリムス

人気ブログランキング

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あし@

FC2Ad

Template by たけやん