FC2ブログ

えっちゃんの『あんじゃねぇさ』

居酒屋越百二代目えっちゃん日記。駒ヶ根の情報もアリますょ。

第3回team越百プレゼンツらくご会(仮)

おら、ボケちまったのかもしれない。。。
落語会が終わって1ヶ月。
すでにブログをアップしていたと思い込んでいたが、書きかけのブログがアプリに残ったまま…
しかも題名しか書いていない…
ウソだろ?
おら、どーしちまったんだろう??

そんなわけで第3回のらくご会も満員御礼。
ありがとうございます。
今回のゲストは【林家彦いち】師匠でした。
彦いち師匠といえば、今年芸歴30周年。
その全国ツアーの最中に?駒ヶ根に寄って頂きました。



面白かったなぁ。
もうね、さすがっ!としか言えないよね。
この会はソデからお客様が見えません。
だから出てくるまでどんなお客様が並んでるのかわからないんです。緊張するだろうねぇ。
だけど、そんな事はお首にも出さないで、プロだよねぇ。
噺家さんってこんなにもお客様を楽しませる事ができるんだねぇ。羨ましいなぁ。

あたしは主催者ですから、もちろんシークレットゲストは事前に知ってるんですけど、あえていろいろ勉強しないようにしてるんです。
お客様と同じ気持ちで聴きたいのでね。
YouTubeも観ませんし、テレビも観ません。
本も雑誌も見ませんけど、落語会は好きなんですよねぇ。
だから、近くで落語会があったら出かけて行きます。東京までは行きません。
だからこんなに落語会をやってるならさぞ落語には詳しいだろうと思われますけど、知識としてはほとんどないんです。

噺もほとんど知りません。
一度聴いた噺も題名とか覚えません⬅︎覚えろよw
皆さんと同じ感覚で聴きたいんです。

この会を始めるにあたって理由付けってのがいくつかあるんですけど、その中の一つに街中に出てきてもらいたいというのがあります。
落語会ということをきっかけに街中に出てきてもらいたい。
しばらくぶりに出てきたらこんな店も出来た!あんな店も出来た!あの店はどこ行った?この通りは雰囲気変わったねぇ。
そんな事を思って、街中を散策していただきたいんです。
駒ヶ根の街中も静かですからねぇ。
落語会がある時、水車さんの周りに100人はいるんです。できれば、真っ直ぐ帰らないでお散歩して帰ってもらいたいなぁ。

そんな街づくりの事は師匠方にも伝えてあります。
快く協力してくださる師匠方には感謝しかありません。
いつか、このシークレット落語会が噺家の皆さんの中で噂になって寄席とかで駒ヶ根の事を話題にしてくださる事を期待してたりする。
どーぞ、遠慮なく「駒ヶ根」って言って下さいw

今回も水車さんには本当にお世話になりました。
水車さんが会場を貸してくださらなければこの会は成り立たないのです。感謝いたします。
また、お手伝い下さったスタッフの皆さん、ありがとう。
そしてお客様、次は誰かなぁ~~??

第2回 team越百プレゼンツらくご会(仮)

第2回team越百プレゼンツらくご会(仮)は大盛況のうちに終える事ができました。
今回のシークレットゲストは入船亭扇辰師匠でした。
扇辰師匠は私は2回目なんですけど、凄んごく面白かったよねぇ?




twitterやらFacebookやらではヒントを少しづつ出していましたから、わかっちゃった人はわかったかもしれませんが、わかっちゃっても言っちゃダメって言った事をちゃんと守ってくれたんですね。
今NHKでやってる『落語心中』ってドラマ観てます?
クレジットをよく見てと言っておきましたから、これが最大のヒントだったんですけどw
第1話の落語指導が扇辰師匠だったんですよね。

また、前回のひねもすゆるりの演者さんが扇辰師匠のお弟子さんの入船亭小辰さんだったことは記憶に新しいかと思いますが両方聴かれた人はラッキーでしたね。1ヶ月違いの親子会みたいなもんです。

2回目のジンクスって知ってます?
なんでもそうなんですけど1回目は初めてのことですから一生懸命やるんです。
で、成功しちゃうと2回目はなんか安心しちゃって上手いこと人が集まらない。みたいな。
だから2回目は凄く大事なんです。
その会が続くか続かないかは2回目にかかっているんです。
だから喬太郎師匠は扇辰師匠を推してくれたんだと思いますが正直、ヒヤヒヤでした。
当日始まってしまえば、喜んでもらえることはわかっていましたが、お客様が来ないことには始まりません。喬太郎師匠や扇辰師匠に恥をかかせてもいけません。
なかなか券が動かず、どう売っていいものやら。
ただ、途中で腹くくって、まっ、あんまり集まらなかったら自腹切ればいいし、水車さんは部屋がいくつもありますからそれなりの部屋でやればいいや。と思ったら最終的に100人を超えるお客様のご来場となりました。

扇辰師匠が「駒ヶ根のお客様はとても素直に聴いてくました。」と言っておりました。
これは喬太郎師匠も言ってたことですけど、どうやら駒ヶ根のお客様は素直らしいですよw
その意味がちょっとわからないですけど、そのままの意味として受け止めましょうw
落語って面白いでしょう?
今回、

⚫︎天狗裁き
⚫︎井戸の茶碗

の2席演ってもらったんですけど、井戸の茶碗は喬太郎師匠も駒ヶ根でやってます。
噺家が違うとこんなにも表現が違うんですねぇ。
落語って面白いですよねぇ。
概ね、落語を聴きに行く時って噺家さんを選んで聴きにいきますよね。
この会はゲストがわからないから選べないんで、純粋に"落語"を聴きに来てもらえます。
あれ?もしかしたら噺家さんにしたら演りにくいのかしら?ま、そんなことないかw
いつの日か、噺家さんの方から「駒ヶ根で演りたいっ!」って思ってもらえる会に出来たらなぁ。
それは素直なお客様次第wwwww


次回は5月か6月くらいに予定しております。
その前に中川村で新しく落語会が開催されます。



【村の造り酒屋で落語を聴く会】
12月1日(土)14:30開演
米澤酒造ゲストルーム(今錦)
ゲストは柳家緑太さん。
二つ目さんですけど、花緑師匠のお弟子さんだそうです。
聴いた事はありませんが、二つ目のうちに聴いとけば将来大物になった時に「おおっ!知ってる知ってる!」って言えるかもしれませんょw
チケットは
中川村 たろう屋さん 0265-88-4111
越百でも取り扱いますけどまだチケットが届いておりませんから予約受付いたします。
前売り1500円 当日1800円

そして、年が明けて1月27日はひねもすゆるり
三笑亭夢丸師匠の登場です。
いいね!いいね!
東京に行かなくても毎月のように落語が聴ける。
夢のようですわ。

隣の伊那市に「入舟」って地域があるんですけど、入舟で入船亭の会やってもらえませんかねぇ。
扇辰師匠はきっと来てくれると思うんですけど。
伊那市の皆さん、ぜひご検討くださいませ。

最後にteam越百の皆さん、お疲れ様でした。
一人ではできない会です。ありがとう。
そしてもうお気づきかもしれませんが、お客様もすでにteam越百の一員だということをお忘れなく。
ほんとにありがとうございました。
皆でおらが町を落語の町にしまいかw


お酒・ドリンクランキングへ


いよいよ当日

本日はらくご会の為、お休みいたします。
また、14日(水)はオリエンテーリングの為、貸切営業となります。

さて、らくご会にお越しの皆様。
ハガキがチケットとなっておりますので、忘れずにお持ちください。
17時より整理券をお配りしますので、時間の合う方はお越し下さい。
18:30より入場となりますが、整理券のお持ちのお客様からの入場となります。
また、飲食をされないお客様は、水車様店内にて時間前にお待ち頂くことはできませんことをご了承くださいませ。
万が一、ゲストが誰かわかってしまっても開演までそっと心に留めておきましょう。

では、皆様
会場でお会いしましょう。

らくご会間近



いよいよ3日後となりました。
ギリギリにならないと動けないえっちゃんです。

ここにきてやる事と言えば、演者さんのスケジュールを再確認しておくこと。ですね。
当日、何時に出てくるか、何時に到着するか、到着したらホテルへ行くのか会場に直接来るのか等々
万が一、電車が止まったら。高速道路が通行止になったらお迎えに行かなくちゃなりませんから、どこから何時というのは把握しておかなくちゃなりません。

事前に
⚫︎交通手段
⚫︎ホテルの場所
⚫︎会場の場所
⚫︎会場に着いてからの高座、音の確認
⚫︎取材、写真のお願い
⚫︎出囃子の確認
⚫︎打ち上げの有無
⚫︎講演前の食事の有無
⚫︎サインのお願い

などを演者さんと打ち合わせしておきましたから、再確認ってところです。
そしてスタッフと当日の打ち合わせ。
熨斗袋、お土産の用意。
楽屋へ置くお水とかおせんべいとか細かい事は当日しますから忘れないようにメモしておかないと。
何年か前、喬駒会の時に1週間前だというのにホテルの予約をしておくのを忘れたという失態がありましたからw

3日前くらいになるとなにか落ち度があるんじゃないかとソワソワして落ち着きがありません。
メモはしたし指先確認しているのに、なんか忘れちゃうんですよねぇ。
その為にスタッフの皆さんと共有しておくという事は大事です。私が忘れても誰かが覚えてるw

写真は前回のらくご会の様子です。
前回は初めての事でしたからいろいろわからなくてあたふたしてました。人数もわからなくて当日券はナシとしたんですが、案外入るもんですねぇ。
この会は前売りも当日もないですから、あっ、ウッカリ暇になっちゃった。って人はぜひ水車に足をお運びください。
かといって、当日大勢は急には入れませんけどねw



お酒・ドリンクランキングへ


team101プレゼンツらくご会(仮) Take2 始動


「えっちゃんって落語好きなんだねぇ」

と、よく言われますがいやいやさほど好きというわけではありません。まっ、たしかにぃ~近くでやってたら行きますよ。でも月一で東京の寄席に行くとかYouTube見まくっているとか落語の本を漁るとか、そーいうことはしないんですよね。
所謂【落語オタク】ではないんです。
なんつーか、ライブ感が好きなんでしょうねぇ。

落語の噺もあえて勉強しないようにしてます。
初めて聴いた時のカンドーってあるじゃない?
もちろん、先に勉強して、そぉ~くるかぁ~ってのもアリだとは思うんですけど、あたしゃ初めて聴きたいの。
で、聴いたらすぐ忘れるwww
忘れるよねぇ?ゲラゲラ笑ってると忘れちゃうよねぇ?今日、なんの噺したっけ?ってw
何回も落語会に行ってると前に聴いた噺とかあるじゃない?
忘れてるからまたゲラゲラ笑えるw

でも、これがテレビの前だとそうじゃないのな。
喬太郎師匠の噺でさえ、真顔で観ている。
いや、楽しんでますよ。楽しんでますけど、またライブと違うじゃない?
結局、ライブって演者さんだけが作ってるもんじゃないでしょ?会場にいるお客さん達の空気感つーか、ねぇ?だから楽しんだよね。

この前、コント観に行ってきたでしょ?
コントのライブなんて全く興味なかったわよ。
テレビ番組だってあんまり観ないもの。
でも喬太郎師匠がもれなく付いてくるっていうから"ついでに" 観たわけだけど、面白かったねぇ。
いや、もちろん演者さん達の力があったってことなんでしょーけど、でもこんなことでもなければたぶん一生コントライブなんて行くことなかった。

まっ、ここまで持ってくるの長かったなww
そーいう事なんだよなぁ~
駒ヶ根に住んでなきゃ落語会なんて行くことなかった。越百に付き合わなきゃ落語なんて聴く事なんてなかった!。喬太郎師匠の噺を聴く事なんてなかった。○○師匠の噺を聴く事なんてなかった。
うっかり越百と付き合ったばっかりに…面白かったじゃねぇか。
っていう感じ?

毎日頑張っているご褒美に落語なんていかがでしょ?w

チケットは、越百以外にも

割烹水車
ふれあい接骨院
ヘアルームナプア
支留比亜珈琲伊那店

(敬称略)にて、取り扱っております。

また自腹にてお手伝い頂ける方を絶賛募集中でございます。
お手伝い=チケット売る っちゅーことですけどw
遠慮なく!
10枚売ったら打ち上げ参加権プレゼント中!(ワリカンなっ!)



お酒・ドリンクランキングへ



 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

えっちゃん

Author:えっちゃん
所在:長野県駒ヶ根市中央26-19
0265826240(午前中は勘弁して下さい)
営業時間 18時くらい~22時

登場人物
◎あたし=えっちゃん
◎スタッフ=マコ

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

最近のコメント

ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

グリムス

人気ブログランキング

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あし@

Template by たけやん