えっちゃんの『あんじゃねぇさ』

居酒屋越百二代目えっちゃん日記。駒ヶ根の情報もアリますょ。

そうだ!花見をしよう!




高遠の桜もほぼほぼ咲いてきたんじゃないでしょうか?
駒ヶ根も街の辺りではほぼ咲いてます。
あたしはね、駒ヶ根の中でも好きな桜があるんです。
それは、福祉センターの東側の桜。
線路沿いのね。
この桜が好きなんです。
誰に見られるわけでもなく、けど、必ず誰かの目に留まっているね
形がいいわけじゃないですけど、この桜の花が好きなんです。
なんていう桜なのか知ってる人がいたら教えて下さい。

桜が咲いたって言ってもね、このところの強風&寒さときたら、春なのかなんなのかわかんないよね。
花見がしたくたって、外で宴会とかちょっと難しいよね。
そんな方に朗報です!

越百に行ったら花見が出来るかもよ?






wwwww
誰も気づかないんですけどねw
只今、越百の桜は五分咲きです!
週末には満開になるかもしれませんねぇw
まっ、誰も気づかないんですけどね
あたし、テレビでこれ観た時にね、これって今、東京では、店の中で花見が出来る!ってテレビで流れたのね
それ観たときにね

楽しそう~~♪

って思っちゃったのね。
やりたい!やりた~~い!
でも、桜の造花って高いのよね
だからね、作ったね
1400個の桜の花を作ったね
30時間はかかったね
でも誰も気づかないね


ショボーン(´・ω・`)



ショボーン(´・ω・`)だぞ!おいっ!
だから猛烈にアピールしてやる!
作ったんだぞーー!


花見でお困りの際はぜひ越百へいらしてくださいw




お酒・ドリンクランキングへ

喫茶店




駒ヶ根には人口密度に対して割と飲食店は多いと思う。
詳しくはわからないが、商売が始めやすいというのは一つの理由だと思う。
では、駒ヶ根の住民がどれくらい飲食店に行くかって?それほどでもないと思う。
食っていくには困らないが大金持ちな飲食店なぞそうそうないのではないか?
実は喫茶店も多いと思う。
だがどうだ?
喫茶店、珈琲と軽食というスタイルのお店の8割方カフェという名前に成り下がりタバコが吸えないという事実。時代なんだろう。
タバコを吸う身としては肩身が狭い。
よく考えてみてくれ。
喫茶店だぜ?
喫煙とお茶が飲めるから喫茶店なのだよ!
ダバコ嫌いの方には到底理解できないと思うが、ダバコと珈琲はとてもよく合う。
美味い珈琲のある店ほど禁煙なのだ。
駒ヶ根で昼間行きたいお店が3軒ほどある。
美味い珈琲と旨い軽食、そして喫煙ができる。
素晴らしい!
今の世の中では本当に珍しいお店である。
ご飯を食べるレストランではなく喫茶店ってところがいい。
その中の1軒が閉店するという噂を聞いた。
あくまで噂なのだが凄く悲しい。
そんなに通ってなかったけど、凄く悲しい。
別にやってけなくて潰れるわけではないらしいが。
嗚呼、こうやってまた一つ名店が無くなっていくのね。
そしてカフェに変わってしまうのね。
喫茶店に珈琲を飲みに行くだけではない。
むしろ休憩にいくのだ。
ダバコも吸えずに休憩になるかい!
嗚呼。



お酒・ドリンクランキングへ

マイブーム

なにこの暑さ。
何事⁉︎
冷えると思ったのよねぇ。

先日ね、お友達の家にお呼ばれしたんですょ。
いわゆるIターンって人達でね、
中古のお家を買って、自分達で改装しちゃったんですょ。
とってもステキなお家なんだけど、きっと長野県の冬は厳しいんじゃないかって思うのよね。
そこでBBQをしたのね、
BBQってさぁ、ふつーさぁ、BBQコンロ使うじゃない?
でもさぁ、そこはオサレな人達、



七輪的な?まっ、七輪なんだけど、これで焼いてたのね。
しかも家の中でw
ああ~、家の中でも出来るんだぁ~~って思ったねw
あたしが行った時にはなから終わってたんだけど、その時のキャベツの焼いたやつの旨さったら!
それでね、


ハマったね。


すっかりハマったね。


速攻、ケーヨーホームセンターに行ったね。
ここは七輪にこだわりたかったのよね。
BBQコンロでもいいじゃないか?って思うでしょ?
いやいや、たぶん、あの珪藻土がいいんじゃないかと踏んだわけですょ!
できれば、丸いやつじゃなくて長方形のやつがよかったんですけどね。
でも売ってなかったんで丸いやつをレジまで持ってった!
そしたらね。
うん。あたしったら七輪持ってたってことに気づいたのよね。

でまぁ、炭だけ買ってね。



炭をおこす。
これ簡単ね。




焼く




焼く





焼く





焼く


これ独りぼっちっでやってたのねw





wwwwww

別に寂しくなんかないんだからね!

すっげぇ~~楽しいの!
チマチマチマチマ
すっげぇ~~楽しいの!

そして旨いの!
スーパーの安っっい肉が旨いの!



ヒャッハー♪───O(≧∇≦)O────♪




誰にも邪魔されず、独り肉と向き合う時間。
しばらくはやめられんね。

やってみ!




お酒・ドリンクランキングへ





入選しちゃったからさぁ~



我が鶴が鑑評会で入選したのは皆さんもうすでにご存知でしょう。
ええ。入選しちゃったんですょ。
純米で入選って結構凄いことなんですょ。
ええ。入選しちゃったんですょ。
しちゃうとね、例のほらアレ。アレ作んなきゃなんないのよねー。
作んなくてもいーんだけど、だいぶヨレヨレになったちゃってるから作って~っていう声が多くてね。
っていうか誰か作ってょ。
いーんだよ!誰が作っても!

スゲーめんどくさいけどしょーがないから作ります。
いいっすか?すげーめんどくさいから、もうこれしか作らないよ!



生地の色は紺、字は銀。
地方発送ナシ!
申し込みは6月いっぱい!
長生社への申し込みは不可(長生社様は一切関係ございません)
って事でヨロシク!


貢物次第では融通効きますwww
お酒・ドリンクランキングへ

牛乳パンって知ってるかい?




最近、越百周辺でにわかにブームになっているのが牛乳パンというものです。
なんと!
長野県にしかないという噂。
ほんとがどーかわかりませんけど。
Wikiにも載ってないしw

事の発端は、のーきょーで買い物してたんです。
レジに並ぶと、前の人が親しげにレジのおばちゃんと長話をしてたんですよね。
こちとら忙しいし、早くしてくんねーかなぁーと思いながら私の番になりました。

するとレジのおばちゃん、

「今の人の旦那さんねぇ~、牛乳パンを考えた人なんだってぇ。知らなかったわぁー。」


え?

え?ですょ!
だって牛乳パンを考えた人が生きてるなんて!しかも駒ヶ根ののーきょーに買い物してるなんて!
あんぱん考えた人が生きてると同じくらいビックリですょ。

にわかに信じられなくて、駒ヶ根のパン屋さんですか?って聞いてみたんです。
したら

「さぁー?結構来てるから今度訊いとくね」

中途半端。実に中途半端な情報くれましたね?
さぁー、もう興味津々です。
すぐWikiで調べたんだけど、載ってない。
そのうち、牛乳パンはどうやら長野県だけにしか売ってないらしい。

ウソでしょー⁉︎
だってあたしの小さい頃から売ってたし、コンビニでもヤマザキとかPASCOとか大手メーカーさんのがあるし。

で、いろんな想像を巡らしたのですょ。
あのおじさんは駒ヶ根在住。
定年はとっくに過ぎているので、駒ヶ根のパン屋さんだろう。
えっ!ってことは牛乳パンは駒ヶ根発なの??
駒ヶ根のパン屋さんはそんねに数はない。やめちゃったとこか?
でも、いわゆる牛乳パンってのは上の田中パンのやつだよねぇー?ってことは、田中パンが発祥⁉︎

しばらくしてまたのーきょーに行くと、レジのおばちゃんが

「訊いといたわよー。なんかねぇ、伊那のパン屋さんらしいの。えーとなんて言ったかなぁー?今、ドコモがあるとこカミス?とかなんとか。
そこに勤めてた時に考えたんだってぇ~」

またしても中途半端w
えーと、えーと、
実はこの牛乳パン。牛乳パンと言うくせに牛乳は一滴も使われておりません。
なーぜーだー?
と、聞いてみた。


「あらそーなのー?知らなかったわぁぁー。なんでたろ?」

えーと、すみません。
その辺りを詳しく聞きたいので、今度来たら越百に来てくださいと言ってもらえますか?


と、いうわけで、実に中途半端な情報でこれまた不確かなのだが、どーやら長野県だけにしか売ってないというのはほんとらしい。
そして、どの県内の地域にもご当地牛乳パンがあるらしい。
聞くところによると、長野市では頭脳パンというらしい。
などなど、情報は多々入ってくるのだが、ほんとのところはどーなの?

情報求む!




人気ブログランキングへ

田中パンさん、
せっかくの「牛乳パン」のロゴの上にシール貼るのやめてもらえませんかねぇー。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

えっちゃん

Author:えっちゃん
所在:長野県駒ヶ根市中央26-19
0265826240(午前中は勘弁して下さい)
営業時間 18時くらい~22時

登場人物
◎あたし=えっちゃん
◎スタッフ=マコ

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

最近のコメント

ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

グリムス

人気ブログランキング

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あし@

FC2Ad

Template by たけやん