FC2ブログ

えっちゃんの『あんじゃねぇさ』

居酒屋越百二代目えっちゃん日記。駒ヶ根の情報もアリますょ。

新たな落語会誕生

中川村で、新しく落語会が生まれました。
場所は銘酒『今錦』を作っている米澤酒造さん。




いや~ビックリしたね!
20年?ぶりに行ったらなにもかも変わっちまって昔の面影はなにもないのな。
オシャレ~~。




会場は多目的ホールみたいなとこ。
スタッフさんがパタパタしてます。
はじめての事でキンチョーしています。
わかるよ!わかるよ!その気持ち。
演者さんは、柳家緑太さん。
二つ目になって4年目だそうです。
柳家花緑師匠のお弟子さん。
と、言ってもこんな田舎じゃ知る人はいません。
それでも満員御礼。素晴らしい!
第1回目として、よくわかんない噺家さん呼んで(失礼w)こんだけの人集められるなんて!
よく頑張ったねぇ。わかるよ!わかるよ!ほんとに人集まるのかドキドキしたよねぇ。

まず、素人噺家の忠孫亭信修さんが前座を務めます。地元中川村で活動しているアマチュアの噺家さんで、趣味が興じて自分も話始めちゃったという。なかなかのもんです。

そしていよいよ緑太さん。
いいねぇ。
そりゃまあ、二つ目4年目ですから、荒いところもございましょう。でもね、声がいいんですょ。特に女形がね。
なんとも色っぽい声なんです。
こういうのは天から与えられたものですから、どうこうできないんですけど、なんとも品のあるいい声なんです。
これから人生経験を積んで酸いも甘いも経験したら、さぞかしいい女が演じられる事でしょう。
また、そういう期待の出来る噺家さんです。
行く末が楽しみですねぇ。

私らは仕事がありましたから中入りにて帰って来たんですけど、

やかん
佐々木政談

中入り

子別れ

だったようです。

岩にしーをするからいわし…好きだな、やかんwwww

打ち上げを越百でやって頂きまして、スタッフさんのほっとした様子。わかるよ!わかるよ!心地いい疲れってやつよね!
そして、次は何やろう?どうしよう?って目をキラキラさせて話し出す。わーかーるーよー!1回やっちゃうと次やりたくなるよねぇ。
お客さんの喜んだ顔思い出しながらニヤニヤしちゃえよねぇ。

若い衆が立ち上がってくれたのが嬉しいねぇ。
中川村の落語会、楽しみな会になりそうです。
ぜひ続けて下さい。

それにしても、よく貸してくれたなぁ今錦さん。
安楽寺さんにしても五十鈴神社さんにしても水車さんにしても会場を貸して頂けることがどんなに有難いか身に染みております。
今錦さんに至っては酒造り真っ盛りの最中だというのに本当に有り難かったと思います。
今錦さんの事だからそのうち専用の立派な高座が出来てたりしてw

さあ、次は伊那の衆。
入舟で入船亭、実現しましょうよ!

その前に五十鈴神社でひねもすゆるりです。





今回は三笑亭夢丸師匠。
大好きな噺家さんです。
チケットは越百にあります。
今回のノルマは20枚です(^^;;
ぜひっ!

第2回 team越百プレゼンツらくご会(仮)

第2回team越百プレゼンツらくご会(仮)は大盛況のうちに終える事ができました。
今回のシークレットゲストは入船亭扇辰師匠でした。
扇辰師匠は私は2回目なんですけど、凄んごく面白かったよねぇ?




twitterやらFacebookやらではヒントを少しづつ出していましたから、わかっちゃった人はわかったかもしれませんが、わかっちゃっても言っちゃダメって言った事をちゃんと守ってくれたんですね。
今NHKでやってる『落語心中』ってドラマ観てます?
クレジットをよく見てと言っておきましたから、これが最大のヒントだったんですけどw
第1話の落語指導が扇辰師匠だったんですよね。

また、前回のひねもすゆるりの演者さんが扇辰師匠のお弟子さんの入船亭小辰さんだったことは記憶に新しいかと思いますが両方聴かれた人はラッキーでしたね。1ヶ月違いの親子会みたいなもんです。

2回目のジンクスって知ってます?
なんでもそうなんですけど1回目は初めてのことですから一生懸命やるんです。
で、成功しちゃうと2回目はなんか安心しちゃって上手いこと人が集まらない。みたいな。
だから2回目は凄く大事なんです。
その会が続くか続かないかは2回目にかかっているんです。
だから喬太郎師匠は扇辰師匠を推してくれたんだと思いますが正直、ヒヤヒヤでした。
当日始まってしまえば、喜んでもらえることはわかっていましたが、お客様が来ないことには始まりません。喬太郎師匠や扇辰師匠に恥をかかせてもいけません。
なかなか券が動かず、どう売っていいものやら。
ただ、途中で腹くくって、まっ、あんまり集まらなかったら自腹切ればいいし、水車さんは部屋がいくつもありますからそれなりの部屋でやればいいや。と思ったら最終的に100人を超えるお客様のご来場となりました。

扇辰師匠が「駒ヶ根のお客様はとても素直に聴いてくました。」と言っておりました。
これは喬太郎師匠も言ってたことですけど、どうやら駒ヶ根のお客様は素直らしいですよw
その意味がちょっとわからないですけど、そのままの意味として受け止めましょうw
落語って面白いでしょう?
今回、

⚫︎天狗裁き
⚫︎井戸の茶碗

の2席演ってもらったんですけど、井戸の茶碗は喬太郎師匠も駒ヶ根でやってます。
噺家が違うとこんなにも表現が違うんですねぇ。
落語って面白いですよねぇ。
概ね、落語を聴きに行く時って噺家さんを選んで聴きにいきますよね。
この会はゲストがわからないから選べないんで、純粋に"落語"を聴きに来てもらえます。
あれ?もしかしたら噺家さんにしたら演りにくいのかしら?ま、そんなことないかw
いつの日か、噺家さんの方から「駒ヶ根で演りたいっ!」って思ってもらえる会に出来たらなぁ。
それは素直なお客様次第wwwww


次回は5月か6月くらいに予定しております。
その前に中川村で新しく落語会が開催されます。



【村の造り酒屋で落語を聴く会】
12月1日(土)14:30開演
米澤酒造ゲストルーム(今錦)
ゲストは柳家緑太さん。
二つ目さんですけど、花緑師匠のお弟子さんだそうです。
聴いた事はありませんが、二つ目のうちに聴いとけば将来大物になった時に「おおっ!知ってる知ってる!」って言えるかもしれませんょw
チケットは
中川村 たろう屋さん 0265-88-4111
越百でも取り扱いますけどまだチケットが届いておりませんから予約受付いたします。
前売り1500円 当日1800円

そして、年が明けて1月27日はひねもすゆるり
三笑亭夢丸師匠の登場です。
いいね!いいね!
東京に行かなくても毎月のように落語が聴ける。
夢のようですわ。

隣の伊那市に「入舟」って地域があるんですけど、入舟で入船亭の会やってもらえませんかねぇ。
扇辰師匠はきっと来てくれると思うんですけど。
伊那市の皆さん、ぜひご検討くださいませ。

最後にteam越百の皆さん、お疲れ様でした。
一人ではできない会です。ありがとう。
そしてもうお気づきかもしれませんが、お客様もすでにteam越百の一員だということをお忘れなく。
ほんとにありがとうございました。
皆でおらが町を落語の町にしまいかw


お酒・ドリンクランキングへ


いよいよ当日

本日はらくご会の為、お休みいたします。
また、14日(水)はオリエンテーリングの為、貸切営業となります。

さて、らくご会にお越しの皆様。
ハガキがチケットとなっておりますので、忘れずにお持ちください。
17時より整理券をお配りしますので、時間の合う方はお越し下さい。
18:30より入場となりますが、整理券のお持ちのお客様からの入場となります。
また、飲食をされないお客様は、水車様店内にて時間前にお待ち頂くことはできませんことをご了承くださいませ。
万が一、ゲストが誰かわかってしまっても開演までそっと心に留めておきましょう。

では、皆様
会場でお会いしましょう。

らくご会間近



いよいよ3日後となりました。
ギリギリにならないと動けないえっちゃんです。

ここにきてやる事と言えば、演者さんのスケジュールを再確認しておくこと。ですね。
当日、何時に出てくるか、何時に到着するか、到着したらホテルへ行くのか会場に直接来るのか等々
万が一、電車が止まったら。高速道路が通行止になったらお迎えに行かなくちゃなりませんから、どこから何時というのは把握しておかなくちゃなりません。

事前に
⚫︎交通手段
⚫︎ホテルの場所
⚫︎会場の場所
⚫︎会場に着いてからの高座、音の確認
⚫︎取材、写真のお願い
⚫︎出囃子の確認
⚫︎打ち上げの有無
⚫︎講演前の食事の有無
⚫︎サインのお願い

などを演者さんと打ち合わせしておきましたから、再確認ってところです。
そしてスタッフと当日の打ち合わせ。
熨斗袋、お土産の用意。
楽屋へ置くお水とかおせんべいとか細かい事は当日しますから忘れないようにメモしておかないと。
何年か前、喬駒会の時に1週間前だというのにホテルの予約をしておくのを忘れたという失態がありましたからw

3日前くらいになるとなにか落ち度があるんじゃないかとソワソワして落ち着きがありません。
メモはしたし指先確認しているのに、なんか忘れちゃうんですよねぇ。
その為にスタッフの皆さんと共有しておくという事は大事です。私が忘れても誰かが覚えてるw

写真は前回のらくご会の様子です。
前回は初めての事でしたからいろいろわからなくてあたふたしてました。人数もわからなくて当日券はナシとしたんですが、案外入るもんですねぇ。
この会は前売りも当日もないですから、あっ、ウッカリ暇になっちゃった。って人はぜひ水車に足をお運びください。
かといって、当日大勢は急には入れませんけどねw



お酒・ドリンクランキングへ


骨折

咳が発作のように出るんですよ。
私は風邪なぞひきませんから、なんで出るのかわからなかったんですよね。
でも、夜中に咳が止まらなくて眠れない日がありましてこれは流石にマズイと。
咳が止まらなくて眠れないってことあります?
腹ただしいですよね?ただでさえ眠れないのに咳如きで眠れないなんてっ!
仕方がないのでお医者さんへ行きましたょ。
私はね、お医者さん嫌いじゃないんですよ。
みなさんがね、蕎麦屋やラーメン屋を巡るようにお医者さんへ行きます。
今回はどこに行こうかなと考えましてね、今年になって心臓がバクバク言うようになったんでついでに診てもらおうと出かけて行きました。

熱を図りましたら36.4度。まあまあ平熱です。
血圧を図りましたら130-84。あれ、随分高くなりましたけどまあ問題ありません。
レントゲンを撮ります。
心電図を撮ります。
心電図って上半身裸になって機械付けて寝てるんだけどさ、客観的に見たらカエルがひっくり返ってるみたいだわよね。ふと天井を見上げると防犯カメラみたいなやつがある。火災報知器かなぁー?
その時、「絶対痩せるぞ!」と心に誓ったのでした。だってもし防犯カメラだったらカエルがひっくり返ってるんだよっ!ウケるwwww

さて、診断ですけど、
咳は風邪からのぉ~アレルギー反応が出ているらしい。そういえば、黄砂が飛んでるらしいからな。ここはアレルギーチェックの出来ないお医者さんだったから、今度どっかでやっておこう。

「心臓バクバクの件ですが…心電図は問題ないですね。」

そりゃそうでしょう。問題ない時に測ってるもん。今、バクバクしてないですから。

「ちょっと心臓が大きいですね」

へっ?心臓が大きい?
そんな事は初めて言われたけど…

「まっ、どっか悪くて今心臓が頑張ってるってことありますから、あまり気にしなくてもいいです」

いやいや、どっか悪い方を気にしましょうよ。
どこよ?それ?

「それより…肋骨折れた跡があるんですけど折れた事ありました?」

いやいや、どっか悪い方を気にしましょうよ。
どこよ?それ?
ってええっ?骨折!!

「ここね、ほら反対側と比べると違うでしょ?まっ、もう繋がっているから大丈夫ですけど」

見ればたしかに3本くらい様子がおかしい。
骨折…骨折…
覚えがないなぁ…ハシゴから落ちた…のは親父か…
えーとえーと骨折骨折…??

「お薬出しておきますから1週間後に来てください」

骨折ねぇ。骨折…うーーーん。


その後、店を開けてお客様に心臓が大きい話と骨折の話を面白おかしく喋っておりました。
骨折したっていうけど、覚えがないんですよねぇ。

お客様「あー前に落ちたじゃん」

いや、それは親父だし!

お客様「じゃなくて落ちなかったっけ?痛くて動けなかったらお父さん出て…」

あっ!!

落ちた…落ちたねぇ。たしかに落ちた。
あの時に折れたのか…
いえね、今年の初夏の頃でしたかねぇ。うちの縁側から落ちたんですよ。
宙を舞うってのはこの事でね、綺麗に右側の背中から落ちたんですよ。
もうね、悶絶!痛いのなんのって!
本当に痛い時って声出ないんですよ!
すぐ、脇の家の中に家族がいるってぇのに助けを呼べないのですよ。
やっとの思いで立ち上がって息ついてたら親父が出てきて「どうしたの?」と。落ちたって言ったら一瞥して「あーあ籠壊っちまって」とニヤニヤしながら言ったもんだからブチギレましてね、とそーいう事件があったんですよ。
すっかり忘れてたわ~。
あの時は結局、湿布貼って治したんだった。

折れてたのかぁ~。どうりで痛かったわけだわ。
骨が折れるとあんだけ痛いのかぁ~。
治れば忘れちゃうもんだな。

お客様よく覚えてましたねぇ。

「あれだけ喋ってたらwwww」
「9回は聞きましたよ」

テヘ(//∇//)



お酒・ドリンクランキングへ



 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言

プロフィール

えっちゃん

Author:えっちゃん
所在:長野県駒ヶ根市中央26-19
0265826240(午前中は勘弁して下さい)
営業時間 18時くらい~22時

登場人物
◎あたし=えっちゃん
◎スタッフ=マコ

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

FC2カウンター

最近のコメント

ブログランキング

FC2ブログランキング

リンク

このブログをリンクに追加する

グリムス

人気ブログランキング

最近のトラックバック

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あし@

FC2Ad

Template by たけやん